開業医になると、どの程度の収入を得ることができるのか。
この点が気がかりな開業希望の医師もいるかもしれません。
この一点のみではなく、それぞれの地域や分野の医療事情も気にしてもらいつつ開業を目指して欲しいところですが、仕事をする以上収入が気になるのは仕方がないこと。

開業医の平均年収は2,500万円ほど、勤務医の平均年収は1,100万円~1,200万円ほど

開業医の平均年収は2,500万円ほどと言われています。
どのような感想を持ったかは医師それぞれかもしれませんが、年収で2,000万円を超えているわけですから、「その程度か」という感想は抱いたとしても、決して極端に少ないというイメージは持たないはず。

大学病院などに勤務をしている医師は、1,100万円から1,200万円ほどが平均的な年収額であると言われています。
それと比べれば倍以上。やはり開業するとそれなりの額を稼ぐことができると言えるのではないでしょうか。

大学病院ではなくクリニックなどに勤務している医師もいるでしょう。
そうした医師も含めた勤務医の年収は1,500万円ほどと、大規模な病院に勤めている医師に限定した時よりも多くの額を受け取っていることがわかります。

それでも、開業医は勤務医との差が1,000万円ほどあることになるわけですから、独立することは医師にとって大きなメリットとなりそうです。
しかも、大学病院などに勤める医師は、夜勤、当直、オンコールなどと呼ばれる勤務スタイルもあり、また、残業なども非常に多い点が特徴的。
一方、開業し自分の院を持つと働き方は自由に決めることができますから、夜勤、当直、オンコール、残業なしで、平均年収をアップさせることができるわけです。

同じ働きをして年収が上がるわけではなく、誤解を恐れずに表現するのであれば、楽をして年収が上がるのが独立することの魅力。
先輩や上司などに怒られることもなく、圧力をかけられることもなく、自分の思うように患者と向き合うことができる。
収入の面だけではなく、こうした点にも勤務医との差があるのかもしれません。

開業医の年収額は上下の幅が勤務医よりも大きい

ただ一つ頭に入れておきたいのは、ここで示したのはあくまでも平均年収であるということ。
また、勤務医の年収額は年功序列で増えていくケースがほとんどのため、40代や50代になっても年収600万円や700万円ということはありません。

しかし一方で開業医の場合には上と下の差が激しく、40代や50代になっても年収500万円という人も現実にいるのです。
もちろん、30代で年収3,000万円や4,000万円を超える医師もいます。

平均年収を算出するときの上と下の幅、これがより大きいのが自ら開業した医師たち。
これも勤務医との差の一つとして覚えておきましょう。