開業を決めた時点で考えることとは?

開業コンセプトを考えること。
これが開業医に求められる、まず最初の作業です。
開業してからコンセプトを考えるのでは遅すぎます。
「開業しよう」と意志を固めた時点でコンセプトがしっかりとできている状態が望ましいでしょう。

コンセプトとはつまり、「どのようなクリニックにしたいのか」ということ。
これは医師それぞれ、大きく異なってくる部分です。
「誰もが親しみやすいクリニックにしたい」と考える医師もいれば、「専門性を持ち高度な医療を提供できる診療所にしたい」と考える医師もいるでしょう。

自らの理想のクリニック像を強くイメージするよう心がけてください。
そのイメージを固める作業を、ある程度の時間をかけて行います。
一瞬のひらめきやアイデアのような形でコンセプトを決めてしまうと、後にちょっとしたことでそれが崩れるおそれがあるので非常に危険です。

「ここだけは譲れない」、「今の医療(この街)には、こんなクリニックが必要だ」など、絶対に揺るがない理想を掲げ、そしてイメージを固める作業が非常に重要になってきます。

コンセプトが固まれば、自然と開業地域や患者ターゲット、内装、設備、そうしたもののイメージを固めることもできるでしょう。
開業コンセプトを考えることは、開業に必要なさまざまな要素を決定することにも繋がるのです。

また、開業後に悩んだり経営がうまくいかなくなった時にも、開業前に固めたコンセプトやイメージが、その難局を乗り越えるきっかけを与えてくれるでしょう。
やることが明確になり、また、やるべきことが絞られるため、迷うことなく突き進むことができるはず。

コンセプトとは、常に背中を押してくれる存在となるものです。
それだけ重要なものですから、徹底的に且つ慎重にこれを定めていかなければいけません。

積極的に先輩の開業医にアドバイスをもらう

それでも、「開業したい」という漠然な想いから逃れられず、また、いくら考えてもなかなかコンセプトが定まらない人もいるでしょう。
ひとりで開業コンセプトを考えることに限界を感じているのであれば、先輩開業医にアドバイスをもらうのも一つの方策です。

「自分で考えた方がいい」と言われてしまうかもしれませんが、すでに自分のクリニックを持っている人からの言葉は非常に重く、その中には何かしらのヒントが隠れていることは間違いありません。

先輩にもらうのは、あくまでもアドバイス。
答えではありません。答えは必ず自ら決めること、これだけは守りましょう。
それでも先輩開業医にアドバイスをもらうことは必ず役に立ちますから、もしそのような存在が身近にいるのであれば、積極的に話を聞きに行くようにしてください。