開業希望者の味方『クリニック開業コンサルタント』の存在

クリニックや診療所を開業するための知識やノウハウを全て備えている医師など、そういるものではありません。
多くの医師はそんな勉強をすることなく医学部を卒業し、医師免許を取得、研修医を経て、それぞれの分野や領域で症例や患者と向き合っていることでしょう。

しかし、独立し自らのクリニックを持つことになると、医療に関する知識以外の知識、知恵、ノウハウを持っていなければいけません。
それらを一から勉強していては開業までに何年かかるかわからず、頭を抱えてしまうことになります。

そんな医師たちの相談に乗ってくれるのが、「クリニック開業コンサルタント」です。

その名の通り、医師が独立したいと考えた時にあらゆるアドバイスをし、そしてサポートをしてくれるのが開業コンサルタント。
この種のサービスに相談をすれば、自分1人ではとても対処できないあらゆる諸問題を解決に導き、開業までのハードルを越えるお手伝いをしてくれるでしょう。

複数あるコンサルタントから比較検討して選択すること

重要なのは、コンサルタントの選択です。
クリニックの開業コンサルタント業務を行なっているところは複数あります。
その中から1つを選ばなければならず、また、それぞれの特徴や良し悪しがあるため、適当に選択することはできません。

例えば、コンサルティング業務を本業としているところもあれば、本業は会計事務所であり、その中でコンサルティング業務を担う部署を持っているところもありますし、クリニックの内装を多く手がける企業がコンサルティングをしているケースもあるのです。
医療機器を販売しているメーカーが開業に関する相談に乗っていることも少なくありません。

また、開業に関わるサポートを最初から最後までしてくれるところもあれば、コンセプトを固めることや事業計画書の作成、あるいは開業資金に関する金融機関等との交渉に尽力してくれるなど、開業に必要な各ポイントでサポートをしてくれるコンサルタントもあります。

当然、コンサルタントやサービスによって費用も異なってくるため、この点もしっかりと吟味しながら比較検討していく必要があるでしょう。

ただ、費用がかかるからといって、開業コンサルタントの類には一切相談せず依頼もしないというのは、あまり賢い選択とは言えないのかもしれません。

クリニックの開業は初期投資が非常に大きくなり、安定的な運営を継続していくためにはできるだけ早めにそれを回収する必要があります。
となると欠かせないのが専門家の持つ知識やノウハウ。
これを借りずして成功するには、経営や経理に関する知識、金融機関との交渉術、不動産に関する知識、そして強運、これらすべてを開業医自身が備えていなければならなくなるのです。

開業医として成功したいのであれば、コンサルタントのサポートは必須。
部分的にでもいいので相談し、失敗のないクリニック運営をスタートさせましょう。