医師が開業し自らのクリニックや診療所を構えるのに、最も高いハードルとなるのが開業資金です。
ただの会社であればお金がなくても立ち上げることは可能ですが、クリニックなどの医療施設となるとそうはいきません。

開業する上で最も費用がかかるのは土地代

クリニックや診療所の開業資金として最もかかるとされているのが土地の費用です。
全くの過疎地に開業しようと考える医師はほとんどおらず、患者を確保するために多くの医師がある程度の人の通りのある、あるいは住宅が密集しているエリアに開業を計画するはず。
となると、土地の費用も非常にかかることになり、その額は安くても1,000万円から、高いと3,000万円を超えてきてしまうでしょう。

さらに建物を建てるとなると、かなりの額を初期投資として用意しなければなりません。
もちろんローンを組むことも可能ですが、安い初期費用ではクリニックは開業できない現実を知っておく必要があります。

土地の費用をこれほどかけられないのであれば、ビル内の一室を借りるなどし開業するのも、もちろん一つの考え方ではあります。
特に、皮膚科など大きな設備をあまり必要としない診療科目であれば、非常に安く場所を確保することができるはずです。

開業に必要不可欠な医療道具の費用

そして、医療道具の費用、これにもかなりのお金がかかります。
購入するのか、それともレンタルやリースといった形で確保するのかにもよりますが、いずれにしても相当の費用がかかるのは確か。

ただ、この道具の費用に関しても診療科目によってかなり幅があり、精神科や心療内科、皮膚科などでは1,000万円以下に抑えることが可能である一方で、内科や整形外科、眼科などでは3,000万円を超える設備投資が必要となるケースが出てくるでしょう。

開業するには数千万円単位で費用がかかることを知っておく

もちろん、全ては規模や診療の領域によって大きく上下します。
それでも開業にかかる費用は決して安くないため、上手に資金調達をしながら開業医となることを目指さなければいけません。

土地の費用、賃料、医療道具の費用の他に、内装費、什器備品、広告宣伝費、その他消耗品や人件費なども必要ですし、経営が安定するまでの運転資金の確保も必須。
かかる費用は全部で4,000万円や5,000万円にのぼることも珍しくなく、高ければ7,000万円や8,000万円という費用がかかってきます。

これだけのお金がかかることを覚悟した上で開業医とならなければいけません。
資金調達は家族や親戚から、あるいは公的機関や民間の金融機関などさまざまなところからの借り入れを利用することになるでしょうが、これらも全てはいずれ返済しなければならないお金です。

そのことを念頭に開業に関わるあらゆる事柄を決定し、信念を持ち、そして準備を進めていく必要があることを覚えておきましょう。