開業医にメリットはない、苦労だらけである、そんな風に想像しながら独立する医師などいないでしょう。
独立する全ての医師は開業医となることに魅力を感じ、大きなメリットがあると確信しているからこそ勤務医ではない道を選んでいます。

しかし、当然ながら開業医には苦労もありますし、独立することで感じることになるデメリットもあります。
開業前にその断片だけでも頭に入れておくべきなのかもしれません。

開業医のデメリット「莫大な費用がかかる」

まず、なんといっても費用がかかること、開業するにあたってここからは絶対に逃れることができないでしょう。
勤務医としての経験が長く、もう十分な資産を築いているのであればさほど高いハードルとはならないかもしれませんが、それでも開業だけに数千万円、そして軌道に乗るまでの運営資金にも数千万円程度を用意しておく必要があり、決して簡単に飛び越えられるハードルではありません。

借り入れをし資金調達をすると、今度はその借り入れを返済するために仕事をしてしまう恐れが出てきます。
するとどうなるか、当初のコンセプトから外れた診療をしかねないのです。
これは開業医として間違った選択。

しかし、そのような選択やリスクは、全て開業に莫大な費用がかかることが原因です。
葛藤も出てくるでしょう。
もしかしたら開業したことを後悔するかもしれません。
この時に開業医のデメリットを強く感じることになるはず。
全ての開業医に当てはまるデメリットや苦労ではありませんが、こうした可能性があることも頭に入れた上で開業の話を進めていく必要があります。

開業医のデメリット「大きな責任が増える」

開業医は、一般社会で言えば社長や経営者、取締役です。
つまり、勤務医時にはほとんど感じることがなかったであろう責任が増えることにもなります。

しかも、開業するのはクリニックや診療所などの医療施設。
人の命を預かる場所の責任者となるわけですから、ただ単に責任が増えるだけではなく、とてつもなく大きな責任を背負った上で運営を行っていかなければいけません。

医療施設の悪い噂というのは、それがデマであっても拡散力が非常に強く、一度そうしたことがあれば閉院に追い込まれるほどのダメージを受けます。
これは開業医のデメリットというよりも、開業医のリスクとして心得ておく必要があるでしょう。

こじんまりと診療所を営むのであればいいのですが、ある程度の規模を考えているのであれば、人材の育成にも苦労するかもしれません。
共に働く医師、あるいは看護師なども含めてですが、人材の育成をしなければ多くの患者を受け入れることができませんし、医療の質を保つこともできず、クリニックの運営そのものにも影響が出てくる可能性があります。

こうした苦労やデメリット、あるいはリスクも知った上で開業医になるかどうかを決断してください。
覚悟を決め、そしてリスクマネジメントができていれば、きっと開業医としても成功することができるでしょう。